site map
スポンサードリンク

無料スクリーンセーバー アニメ

妖怪ウォッチの無料壁紙とスクリーンセーバー

妖怪ウォッチの人気も最近は本物になって来たな〜とつくずく思う日々この頃である。

今では、アンパンマンかドラえもん、ワンピースやドラゴンボールに匹敵するクラスに成ってきたと感じる次第である。

既に、子供が単にマンガを読むだけではなく、関連グッズも作られ映画も作られ、テレビ放映のアニメも製作されているんだからこれは凄い。

しかし、あの関連グッズでどれだけ稼ぐんだろう。
いや〜私も漫画家を目指せば良かったと思う日々この頃である。
実に残念である。

という事で、妖怪ウォッチの無料壁紙とスクリーンセーバーなどを探してみた。
少ないな〜。

無料スクリーンセーバー 建物

バベルの塔 ムーのポスター

バベルの塔と云えば、旧約聖書に出てくる世界七大不思議の建造物に数えられる程の建築物だ。

今回は、建築物とか建物の画像とか有名な画家の絵画作品の壁紙を集めて、独自の無料スクリーンセーバー作成の提案である。

既に大昔のハリウッド映画にも出てきたり、そうあのアニメ「バビル二世」のイメージの元といおうかヒントになった建物である。ま〜知らない人は居ないだろう。

これ程有名なものに解説は要らないだろうが、以下に紹介しているものは、私のコレクションの一つであるが、実は学研の科学雑誌といおうか不思議大好き人間ならば一度は手にした事のある「ムー」の付録ポスターである。
mu-b25.jpg

でもちょっと驚いた事があるのは、学校の美術の時間とか専門誌に出てくるバベルの塔は有名なので当然描けるくらい熟知していたんだけれど、これが調べて見ると流石に旧約聖書に出てくるだけあって凄いいろんな作家や画家の作品があるのである。

いや〜〜〜びっくりである。
これはなかなか無料で作るオリジナルスクリーンセーバーの良いヒントになった。
mu-baberu11.jpg

ラファエロにレオナルドダビンチに、ピカソ、ダリ、エルグレコ、レンブラント、マチス、・・・これはいいヒントに成った次第である。
まさにお気に入りの画家の作品を集めてオリジナルの画廊スクリーンセーバーが作れるじゃないか。

今は、本当に素晴らしい時代である。
昔ならば、学校の図書館か街中の図書館でもいかないと絵画作品の専門書など見れなかったのに、今は自宅にいて気軽に思いついたものを検索出来るのである。

誠に感謝である。

無料スクリーンセーバー 動物

無料スクリーンセーバー 魚 アクアリウム

魚のアクアリウムをイメージしたスクリーンセーバーなんだけれど、OSの関係上最新のものをチェックしてみた。そして、無料でも最新のアクアリウムのスクリーンセーバーの動作内容とその進化に驚いた。動きがスムーズで綺麗で3Dとなると三拍子揃っている。

さて、当サイトでは、これまで小さな水槽の魚から発展して、色つきの綺麗な熱帯魚、近未来の水没した都市群を泳ぐ魚群などと魚関係の無料スクリーンセーバーを探したり紹介してきたのだが、最近ある事に気が付いた。
aquarium1.jpg

それは、或る日、ふと思いまだ生きている初代HD(ハードディスク)を整理している時に、水槽の中を泳ぐ熱帯魚のスクリーンセーバーの事を思い出したんだけれども、ちょっと悩み考えたのであった。

今のOSには使えないので保存している意味が無いのである。
いや〜判ってはいたのだけれど、なんだかな〜!?笑い。

さて、無料スクリーンセーバーで日本一貢献してくれたVector(ベクター)さんなんだけれど、検索してみるとアクアリウム関係では最新のものでも2008年度が一番新しいという結果である。故に、動作OSがあまりに古いのであまり推薦は出来ないかな。

今一番推薦出来るお勧めは、IT関連企業のsoftonicさんが配布しているものが素晴らしい。コンセプトは、海中を泳いでいる魚のような気分になれるリアルな3Dスクリーンセーバーという事なんだけれど、まさにおっしゃる通り、納得です。

Aquarium2.jpg

Clownfish Aquarium Live Wallpaper
http://clownfish-aquarium-live-wallpaper.softonic.jp/download

一度お試しあれ!

しかし、溜りに溜まった画像やスクリーンセーバーを私は一体どうするのか!?
はっきり言って使い道はあまりない。

無料スクリーンセーバー 

無料スクリーンセーバー おしゃれ

おしゃれな無料のスクリーンセーバーは如何でしょうか。
ブランド物や美しい女性がモチーフの無料スクリーンセーバーか、パソコンをおしゃれに着飾る事を云うのか一瞬迷う人は居ませんか。

何が云いたいのかというと、PCに最初からついているスクリーンセーバーを会社や事務所のデスクでずっと使い続けるというのは、はっきり言ってかなりダサい行為と云わざるを得ないですね。
ここは一発、センスのあるおしゃれな無料のスクリーンセーバーに入れ替えてみては如何でしょうかという提案です。

先ず一番目のおしゃれな提案としては、ちょっと前に深夜放送で流行った全国の女性が時刻表の文字が入ったボードを持ち1分単位でチェンジして行くというのがありましたでしょう。あれのガジェット版というのが存在しています。まさに時計の無料スクリーンセーバーとして使えます。
デスクトップガジェット
http://www.bijint.com/jp/

二番目のご提案が、「Instagram」の投稿画像を利用したもので、デスクトップ画面を毎時瞬間々に人気の投稿画像が自動で流れて行くスクリーンセーバーと成っています。独自にアカウントを取りログインし投稿すれば自分のお気入り画像を多くの人々に見てもらうという事も出来ます。もちろん、著作権のあるものと公序良俗に沿ったものに限ります。
Instarium
http://instarium.com/

三番目の提案が、日本のIT会社であるOki Data Corporationさんが、提供してくれている一連のものが素晴らしい出来なんですよね。全て秀作ばかりです。
なかでも一押しが、Vol.2の星座、Vol.3の四季、Vol.4のワールドツアー(世界時計)は特に素敵でセンス抜群でおしゃれと呼ぶにふさわしい一品です。
Oki Data Corporation(オキ データ コーポレーション)
http://www.okidata.co.jp/download/screensaver/index.html

そして、第四番目なんですが、これはあの大ヒットアニメ映画のサマーウォーズにヒントを得て作られたものなんですが、作品内登場するインターネット上の仮想世界であるOZのワールドクロックをモチーフといおうか再現したものなんですね。
作者の方は不明(loftimgさん)なんですが、作者の方曰く「サマーウォーズへの感謝とリスペクトの想いを込めて、サマーウォーズクロックを作っちゃいました!」・・・という事だそうです。
sw18.jpg

サマーウォーズクロック
http://swclock.loftimg.jp/

素晴らしい、まさにインターネットの世界での持ちつ持たれつのバランスが成り立っています。

但し、毎度の事ながら、Oki Data Corporation(オキ データ コーポレーション)さんなどの企業が提供して下さる無料スクリーンセーバーというのは、期間限定のものが多いので、早めにダウンロードしておいて下さいね。いつ突然なくなるのか全く判りませんから。

さて、今日は以上になりますが、如何でしたでしょうか。
お気に入りのおしゃれなものは見つかりましたでしょうか。

無料スクリーンセーバー キャラクター

ムーミンの無料スクリーンセーバー

ムーミン、云わずと知れたフィンランド人のトーベ・ヤンソン原作のアニメなんだけれど残念ながら無料も有料もスクリーンセーバーとしての作品はないようである。

但し、公式サイトにおいて無料の壁紙が公開されているので、可能ならば、画像を集めオリジナルのスクリーンセーバーを作成してみてはどうだろうか。

さて、日本において最初にムーミンが紹介されたのは恐らく絵本の方が早いだろうが、その知名度が一気に上がったのは、私の記憶では今から約40年以上前にテレビで放映されてからだと思う。

このムーミンの原作者は、トーベ・ヤンソンという画家であり小説の作家であったフィンランド人女性なんだけれど、彼女の心と空想と人間に取って時折不思議な表情を見せる自然に対する畏怖・畏敬の念の思いから生まれたムーミンの世界観は調べれば調べる程面白い。

単に彼女の創造の世界という一言では済まされない人間と自然崇拝信仰、自然への恐れ、北欧諸国に残る伝説や神話、そういったものがやはり下地になっているのが私には判る。
これは、北欧の妖精伝説、小人伝説、北欧神話だけでなく、例えば日本で言えば、河童で有名な東野物語に巨人伝説に鬼にコロボックル伝承などとも通じるものがあると思う。

もっと過激に言えば、最近の小さなおじさんという都市伝説もその類に入るかも知れない。

日本には、世界的に見ても、わびやさびに虚無といった特異な価値観が存在するのだが、日本のアニメ世界では恐らくこのムーミンの価値観を持ったアニメ作品をそのまま生み出すのは不可能だっただろう。

それは、戦後の日本のアニメ観があまりに進化したためにストレートで強烈なメッセージを残すキャラクターの登場人物ばかりが主体になり、古き良き日本文化の大人の世界観を持った作品は敬遠排除されて来たからだろう。端的に言えば、即面白くて儲かる判りやすい勧善懲悪主義の漫画を出版社と大衆は評価するのは致し方ない事だからだ。

そういった観点からするとこのムーミンという不思議でニュートラルな作品のアニメ化というのは新しい日本のアニメの価値観と方向性を見出したとも云えるのではないだろうか。

以下の公式サイトで無料壁紙(wallpaper)が公開されています。
All Things Moomin
https://www.moomin.com/en/blog/tag/wallpaper/
moomin88.jpg

引用元 作者トーベ・ヤンソン - ムーミン公式サイト
http://moomin.co.jp/

だから私はムーミンが大好きなのである。
因みに、スクリーンセイバーは無いが過去にフィンランドで映画化されたDVDは今も販売されているので一度子供さんと共にご覧になってみては如何だろうか。

日本語ではない言語で違った動きと色合いはまた面白いと思う次第である。

さて、他の無料スクリーンセーバーをお探しならば左サイドのカテゴリーをご覧ください。

  1 2 3 4 5..  次の5件>>



Powered by Seesaa