site map

無料スクリーンセーバー ! > 無料スクリーンセーバー キャラクター > ムーミンの無料スクリーンセーバー

スポンサードリンク

無料スクリーンセーバー キャラクター

ムーミンの無料スクリーンセーバー

ムーミン、云わずと知れたフィンランド人のトーベ・ヤンソン原作のアニメなんだけれど残念ながら無料も有料もスクリーンセーバーとしての作品はないようである。

但し、公式サイトにおいて無料の壁紙が公開されているので、可能ならば、画像を集めオリジナルのスクリーンセーバーを作成してみてはどうだろうか。

さて、日本において最初にムーミンが紹介されたのは恐らく絵本の方が早いだろうが、その知名度が一気に上がったのは、私の記憶では今から約40年以上前にテレビで放映されてからだと思う。

このムーミンの原作者は、トーベ・ヤンソンという画家であり小説の作家であったフィンランド人女性なんだけれど、彼女の心と空想と人間に取って時折不思議な表情を見せる自然に対する畏怖・畏敬の念の思いから生まれたムーミンの世界観は調べれば調べる程面白い。

単に彼女の創造の世界という一言では済まされない人間と自然崇拝信仰、自然への恐れ、北欧諸国に残る伝説や神話、そういったものがやはり下地になっているのが私には判る。
これは、北欧の妖精伝説、小人伝説、北欧神話だけでなく、例えば日本で言えば、河童で有名な東野物語に巨人伝説に鬼にコロボックル伝承などとも通じるものがあると思う。

もっと過激に言えば、最近の小さなおじさんという都市伝説もその類に入るかも知れない。

日本には、世界的に見ても、わびやさびに虚無といった特異な価値観が存在するのだが、日本のアニメ世界では恐らくこのムーミンの価値観を持ったアニメ作品をそのまま生み出すのは不可能だっただろう。

それは、戦後の日本のアニメ観があまりに進化したためにストレートで強烈なメッセージを残すキャラクターの登場人物ばかりが主体になり、古き良き日本文化の大人の世界観を持った作品は敬遠排除されて来たからだろう。端的に言えば、即面白くて儲かる判りやすい勧善懲悪主義の漫画を出版社と大衆は評価するのは致し方ない事だからだ。

そういった観点からするとこのムーミンという不思議でニュートラルな作品のアニメ化というのは新しい日本のアニメの価値観と方向性を見出したとも云えるのではないだろうか。

以下の公式サイトで無料壁紙(wallpaper)が公開されています。
All Things Moomin
https://www.moomin.com/en/blog/tag/wallpaper/
moomin88.jpg

引用元 作者トーベ・ヤンソン - ムーミン公式サイト
http://moomin.co.jp/

だから私はムーミンが大好きなのである。
因みに、スクリーンセイバーは無いが過去にフィンランドで映画化されたDVDは今も販売されているので一度子供さんと共にご覧になってみては如何だろうか。

日本語ではない言語で違った動きと色合いはまた面白いと思う次第である。

さて、他の無料スクリーンセーバーをお探しならば左サイドのカテゴリーをご覧ください。
スポンサードリンク


<<ふなっしーの無料画像やスクリーンセーバー | 無料スクリーンセーバー !トップへ | 無料スクリーンセーバー おしゃれ>>



Powered by Seesaa