site map
スポンサードリンク

無料スクリーンセーバー 初心者

スクリーンセーバーのインストール方法

スクリーンセーバーのインストール方法と注意点についてご紹介したいと思います。

1.<はじめに。・スクリーンセーバーとはなんでしょうか>
例えば、パソコンを長い間、同じ画面のまま放置しておくと、表示されている文字が焼き付き幽霊のように残ってしまう現象が起こります。この現象を防ぐために、一定時間パソコンを使わないで置くと、自動的に動く画像を表示させるプログラムのことです。 これで焼き付きを防ぎます。

2.<パソコンのスペック確認をする>
一定の性能がないと上手く作動しませんから以下のスペックを十分にチェック比較して下さい。
OSがWindowsなのかMACなのか、CPUは何でどの位か、メモリーの数字はいくらか、ディスプレイの比率とサイズはどうなのか。

3.<スクリーンセーバーのインストール方法>
システムフォルダ内に不要なファイルを残さないためにも、この方法でのインストールをお勧めします。
1)ダウンロードしたファイル(EXEファイル)をダブルクリックします。→「解凍先指定」のメッセージが表示されます。

ポイントは、新規フォルダを作成し、そのフォルダの中にダウンロードすると管理しやすくなります。
2)「解凍先指定」のメッセージには何も入力しないで「OK」をクリック。→フォルダーが解凍されます。
3) 解凍されたフォルダーを開きます。*フォルダー名はダウンロードしたファイル名と同じです。
4)scr(スクリーンセーバー)ファイルを右クリック。→メニューが表示されます。
5)メニューのインストールをクリックします。→「画面のプロパティ」画面が表示されます。
6)必要に応じて 「設定」や「待ち時間」等々を変更し、「OK」 をクリック。

「プレビュー」 ・スクリーンセーバーをテスト表示します。
「設定」 ・・・・スクリーンセーバーの設定項目を変更できます。
「待ち時間」 ・・パソコンの操作を止めてから、スクリーンセーバーが起動するまでの時間です。

4.<スクリーンセーバーの削除方法>
上記3.の方法でインストールした場合、プログラムの追加と削除から、3)での解凍されたフォルダーを削除します。基本的に、これでスクリーンセーバーの設定も自動的に解除されます。

5.<そのた注意事項>
ご存知の通り、大抵のスクリーンセーバーはwindows専用のものが多くMAC専用のものは少ないです。そして仮に、インターネットにおいて無料でも有料でもスクリーンセーバーをダウンロードした結果あなたのパソコンに何か損害が発生した場合には、これは全てダウンロードを決定した自己責任になりますから、十分にチェックし確認してから実行するべきですね。

本日は、無料スクリーンセーバーのインストール方法についてのご紹介でした。

無料スクリーンセーバー 初心者

パソコン初心者のスクリーンセーバー

パソコンの初心者の時って辛いですよね。
スクリーンセーバーの設定に挑戦してみませんか。

とにかく初心者の場合、もう初めて出会う専門用語を覚えるのとパソコンの基本的なソフトやその操作を覚えるのに必死で、自宅や会社のパソコンを装飾するなんて余裕はま〜ありませんよね。

そこで、暫らくした時にふと隣の同僚のデスクトップ画面を見て何かが違うと気がつくんですよね。
あれ〜画面が動いているとか、マイクロソフト社の青い画面と違い、ちょっと綺麗で見ていて飽きないという事に。

そこで、同僚や友人にそれは一体何なんだと尋ねるんですよね。
最初から詳しい人が何か気の利いたものをセッティングしてくれたらいいんですけれどね。

当然、初心者の場合、誰かに全てやってもらうという手もありますが、やはりインターネットでやり方を検索して自己学習するか、誰かに手っ取り早く教えを請うかですね。

これは或る意味短い動画ソフトですから、飽きたらまた変えることは出来ますが、又友人や同僚にその都度依頼するというのも如何なものでしょうか。

やはりここはスクリーンセーバーの使用する意味合いや導入セッティングの仕方をきっちり覚えるべきでしょうね。

例えば、インターネット上で自分で検索し探し出してきたものをセットした時は何か自分が一人前になった様な気になります。これはパソコン利用のスキルの自信になりますよ。

因みに、スクリーンセーバーの本来の目的は、焼き付き防止なんです。

パソコン開発の初期からつい最近まではブラウン管のディスプレイが主流でしたので、画面に動かない同じものを写しだしていると、温度が高い白色部分にどうしても焼き付き現象が起りました。

そこで、常に画面を動画の様に動かしていると、画面温度が常に変化するので焼き付き現象が起きなくなります。

そういった常に動画の様に自動的に画面を動かしたり変化させる装置が、スクリーンセーバーソフトとして開発された訳です。

最近は、パソコンに使用する液晶ディスプレイの性能がアップしたので、この現象は無くなりつつありますが、それでもそれ以外の目的でスクリーンセーバーが活躍するようになりましたね。

それは、席を外した際に、他人にパスワードや現在の作業中の画面を覗き見にされたいために使用するケースが当たり前になったからです。

現代のパソコンを活用する上では、無料スクリーンセーバーは絶対に必要なアイテムソフトの一つです。自分だけのものを探すのも楽しいですよ。

無料スクリーンセーバー 初心者

パソコン初心者のスクリーンセーバー設定練習

初心者向けの無料のスクリーンセーバーの設定方法について取り上げたいと思います。
あのう意外と初心者の皆さんは、よく誤解されているケースがあるんですよね。

それは、パソコン購入時のデフォルト状態の付属スクリーンセーバーの選択の仕方はご存知だとおもうのですが、自分がweb上で探し出してきたものをダウンロードし、自分のパソコンに入れ込む事、つまりセッティングの方法については意外と敷居が高い様に思える管理人です。

今日は、出来れば無料のスクリーンセーバーの設定方法に関するそんなお話です。

パソコンの初心者の時ってインターネット上にあるさまざまなソフトやツールなどをダウンロードするのってもの凄くどきどきしますよね。ファイルを保存して下さいってしたはいいけれど、どこに保存したのか判らないとか、何かをするとこれを何々して宜しいですかとパソコンが尋ねてきたり、解凍ソフトが無いのでこのファイルを解凍出来ませんとかわけの判らない事ばかりで本当に困惑するし疲れますよね。

終いには暫らく触れたくもないとか。とにかくくらいついて行きスキルを磨きその時期を越えれば後は楽なんですが、とにかく初心者の時が一番辛いですね。

パソコン初心者というのは、まさに車の免許取得と同じで皆その試練を乗り越えてきていると思うと感動すら覚えてしまう管理人です。

さて、前置きがちょっと長かったのですが、やっと本題であるスクリーンセーバーの話題なんですが、小さな成功体験というのはそれが元になって大きく飛躍すると思うんです。

もしあなたが初心者ならば、スキル熟達のためにデスクトップパソコンにスクリーンセーバーをダウンロードし設定してみましょうという提案です。基本的な設定の流れを理解し練習する意味ではScreensaverは持って来いの教材と云えるでしょう。

出来れば、大手企業などの安全で安心なサイトからダウンロードできるものを探してきて、試した方が良いでしょうね。

無料スクリーンセーバー 初心者

無料スクリーンセーバーのダウンロードの注意点

無料スクリーンセーバーをパソコン初心者がダウン・ロードする際の注意点について取り上げたいと思います。

恐らくパソコン初心者の多くが一番やってしまい困ってしまうケースが、PC自体の処理能力を超えたソフトアプリケーションやツールにゲームなどをダウンロードしてしまいパソコンがフリーズしたり動きが鈍くなってしまう現象が起きる事なんですよね。

これは手持ちのパソコンのメモリー量とかCPUとかのスペック(性能を現す数字)以上のものをダウンロードした際や、パソコンやメーカーにOSのバージョンなどの相性が合う合わないでも発生し重たいという表現を使いますね。

実は、有料や無料に限らずスクリーンセーバーをダウン・ロードした際にもよく起る事なんです。ですからこれには十分に注意して、事前にスペックやOSの種類などをチェックしてからダウンロードしなければなりません。

特に注意しなければならないのが、まるで映画並みに画像が綺麗で高品質であり高画質で動きが早くて複雑なものは、確かに見た目は綺麗でかっこよいのですが要注意です。

外国製の優れものものやそれこそハリウッド映画の無料のスクリーンセーバーなどはかなり重たいと思って下さい。

良く勘違いされるケースが有料のものほど綺麗で滅茶苦茶重たいと思われている方も多いと想いますが、最近はかなり改善されてきていて高度な動きをするものを軽くしてあるがために有料というものも多いんですよね。

必ずしも無料だから画面も簡素で軽いというわけではありません。
ま〜基本的には70%位はそうなんですが、最近は数段無料でも性能がアップしているし、重たいけれど優れものを無料で配布しているという個人や企業も多いという事です。

くどいようですが、じゃ〜それを防ぐにはどうしたらいいのかというお話なんですが、前述の通り必ずパソコンとScreensaverのスペックを比較して下さい。

これいいな〜ダウンロードしようかな〜と思ったら、ダウンロードするページには必ず性能値を示すスペックデータが記載されていますから、予めご自身のパソコンの性能やタイプを調べておき比較すれば良いわけです。簡単です。

めご自身のパソコンの性能やタイプはメモ帳などのテキストエディターに書き込み保存しておくと良いですね。

更にアドバイスすれば、とにかく気に入ったものを10個も100個もダウンロードすれば一個しか作動しなくても大抵のパソコンは動けませんから。せいぜい数個位に留めるべきでしょう。

では私の様な数千個も持っているマニアはどうしているのかというと、昔はDVDに焼いていましたが、今では外付けのハードディスクを複数個購入しそれに保存しています。

今では、2テラバイトのものが1万円ちょっとでありますから全然昔に比べれば安いですから。

無料スクリーンセーバー 初心者

初心者向けのオリジナルスクリーンセーバー作成方法

初心者向けのオリジナルスクリーンセーバー作成方法について興味はおありでしょうか。

どこにも無い誰も見た事が無い自分だけの、でもそんなに難しく無いオリジナルなスクリーンセーバーの作成方法について取り上げたいと思います。

そんなの焼付けを防ぐ機能さえしっかりしてれば何でもいいよという方もいらっしゃるかも知れませんが、ここはやはりせっかく頑張ってお金を貯めて購入したマイデスクトップパソコンにスクリーンセーバーを設定するのなら、誰ももっていない自分だけのオリジナルを作成したいと思いませんか。

あくまで今回はまだ購入したばかりでパソコンのスキルがほとんど無い方向け、つまり初心者のための設定方法について説明いたしましょう。

残念ながら、MACとは駄目なんですが世界で一番普及しているOSのWindowsXPなら必ず出来る簡単な方法です。それは、マイピクチャーというのがWindowsXPなどに標準装備で搭載されていますよね。それを活用したオリジナル作製と設定方法なんです。

ご存知かどうか判りませんが、このマイピクチャーというのはマイピクチャーのフォルダ内にある画像を順番に連続して再生出来るスライドショーという機能があります。私などこれを初めて見た時は感動しましたね。

つまりこのスライドショーの画面連続再生機能を使いScreensaverの代わりに使用するというものです。実に簡単です。

順番として、次の様になります。

1、スライドショーに出したい画像をマイピクチャー内フォルダに入れておきます。
入れたものは全て再生の対象になりますから、再生したくないものは別のマイドキュメントなどに新たにフォルダを作成し移動し保存して下さい。

2、デスクトップ画面上で右クリックします。

3、開いた窓で、プロパティーを選択します。

4、開いた窓で、スクリーンセーバーを選択します。

5、中段の窓で、マイピクチャースライドーを選択します。

6、その窓の横に設定Tというのがありますから、それを開き設定します。

因みに、現れる画像サイズはデスクトップ画面いっぱいになりますから、あまりに小さい画像は拡大され画像が荒くなりますから、或る程度400から500PX以上は最低でも欲しいですね。一番綺麗なのは、同サイズが理想ですが、1000PX前後あれば十分に見られますね。

因みに、画像はインターネット上でも自前のカメラでも自分のお好みで自由に出来ます。

今回の、オリジナル無料スクリーンセーバー情報はお役に立ちましたでしょうか。


Powered by Seesaa