site map
スポンサードリンク

無料スクリーンセーバー 時計

無料スクリーンセーバー アンティーク 3D 時計

3Dのアンティークな時計の無料スクリーンセーバーを発見した。
これは凄い。兼ねてから時計のスクリーンセーバーを探していて幾つかコレクションもあるのだが、無料で3Dのスクリーンセーバーが存在していたとは。参った!

この時計スクリーンセーバーは、デザインや外見は完璧なアンティークでレトロな印象で、大小の秒針がきっちりカチッカチッと時を刻む。この音もたまらないのである。

実にリアルで、素晴らしい。また何というか古風な感じを出すために色合いが実に重厚観があり男にはたまらない一品である。コンセプトは、時計の国スイスの18世紀頃のものをイメージしモチーフにしたものだそうだ。

更に付け加えれば、時針や秒針の画面奥には歯車やゼンマイが見えそれらが確実に時を刻むのが確認出来るんだよね。じっと見つめていると1時間位どってこともない。いや〜見飽きないな〜。

そして、振り子の動きもたまらない魅力の一つである。
それらが実に精巧に出来ていて3D画像の金属感と立体感がたまらないのである。

こんな凄い業物の無料スクリーンセーバーの名は、Mechanical Clock 3D Screensaver(メカニカル クロック 3D スクリーンセーバー)という。

tokei13.jpg

Mechanical Clock 3D Screensaver
http://mechanical-clock-3d-screensaver.softonic.jp/

最近の動きがあるものは大概3Dになっているのはもはや常識になっている。
時代は確実に進んでいるようだ。
しかし、今現在の宇宙の惑星シリーズも気にっているんだけどな〜。迷うな〜。

2013年度の私のパソコンの無料スクリーンセーバーは当分これで決まりだ。

オリジナル スクリーンセーバー 設定 作成

スクリーンセーバー ショートカット

スクリーンセーバーのショートカットキーをマイパソコンのデスクトップ画面に設置して置くと何かと便利なんですが、意外とご存じない方が多いようです。
だから今日は、無料であれ有料であれスクリーンセーバーのショートカットキーを作ろうというそんなお話です。

元来、一度設定しておくとパソコンの電源を切らずに暫く放置するとスクリーンセイバーは自動的に起動するものなんですが、会社などで自分の席をちょっと離れる時などは直ぐに立ち上って欲しいけれど、時間が掛かるんですよね。

更にセキュリティー上、暗証番号も設定させておけば自分しか解除出来ませんから安心です。
そこで、デスクトップ上で一発起動させるためのショートカットのキーを常住させておくわけですね。
こんなに便利なものなのになんと知らない人が多い事か。
【 スクリーンセーバーのショートカットキーの作り方 】

スタート画面からコンプューター「WINDOWS(C)」か「WINDOWS7(C)」の中の「system32」ファイルの中から、更に「.scr」という拡張子ファイルを探す。

このファイルをダブルクリックしスクリーンセーバーを起動させ、好みのものを選択する。
そして、それをデスクトップ上にドラッグ・アンド・ドロップするか、そのファイルの上で、右クリックしメニューを呼び出し「送る」でデスクトップを選択し「ここにショートカットを作成」をクリック選択する。

ショートカットが確認出来たら、これ以降ダブルクリックすると即座にスクリーンセーバーが起動し立ち上がる訳です。

更に、デスクトップに出来たショートカットを右クリックしプロパティを開きます。

そして、ブロパティの中のショーカットキー上にマウスポインター置き任意の文字キーを押せば、その窓に「Ctrl+Alt+設定した文字キー」というように表示され、OKをクリックする。

次からは、その設定した文字キー文字がこれからは起動キーとして設定される。
以上です。

ちょっとややこしいけれど、意外と簡単でしょう。
本日の我がサイト無料スクリーンセーバーのレクチャーは、ショーカットキーの作成でした。

無料スクリーンセーバー アニメ

進撃の巨人 無料の壁紙やスクリーンセーバー

進撃の巨人が2013年度前半のアニメ界の話題を完全に浚っていますね。
兎に角世界のインターネットや掲示板、ケーブルテレビと話題独占という状況です。

そんな中、取りあえず諫山創氏原作の「進撃の巨人」の無料の壁紙やスクリーンセーバーを探して見ましたが、原作者と出版社のホームページにちょっとあるくらいですかね。当然、スクリーンセーバーは無いのでマニアの諸君は自作するべきですね。

そして、インターネット上に有る物の画像や壁紙は大半がちょっと問題ありかな〜という感じがしますね。ま〜個人だけで公開しないで楽しむのには問題ないでしょうがね。やはり公開する場合は引用元の作者やサイトをはっきり明示しなくてはいけませんね。

でっ、話は変わりますが、もう進撃の巨人のとんでもない熱烈なファンの方が存在していまして、もしかして原作者よりも絵が上手いんじゃないかと思えるほどの達人がオリジナルのイメージ画像や壁紙を公開してくれているんです。

いや〜これらの作品には脱帽です。
凄いとか素晴らしいなどという美辞麗句では表現できない程の秀作です。
原作のイメージを忠実に再現している点には驚きです。文句のつけようがありません。

という事で、以下、特に感銘を受けた二人の方の作品を紹介したいと思います。

<作者> 進撃のタイツさん
https://twitter.com/taitsu22/status/326991705058463745
進撃の巨人2.jpg


<作者> Kouji Tajima 田島光二さん(CGイラストレーター)
http://twitpic.com/cq7bzt
進撃の巨人1.jpg


これでもかと迫りくる臨場感、存在感、戦慄感、恐怖心、もう〜たまりませんね。
もしSFではなくこんなストーリーが本当に起きたらと思うと背筋が寒くなります。

まだ人間同士でドンパチやり合う方が安心といおうか納得できるといおうか。
つい想像力豊かに感情移入しながら食われるとか、こんな世界は絶対に嫌と思いつつも、でもミカサとエレンの結末は絶対に知りたいと思う私が存在する。

そんな事を想像して、あ〜でもないこうでもななどと恐怖しているのは私だけだろうか!?
人類よ永遠なれと日々思うこの頃である。

無料スクリーンセーバー 癒し

無料スクリーンセーバー ボカロ

ボカロとは何?

歳をとった訳ではないが、ちょっと知らない間にインターネットの世界では新しい造語が作り出されたり、業界だけに通じる専門用語が生まれてくる。

何気に無料のスクリーンセーバーで検索していたら、ボカロという言葉が引っかかってきた。全く想像だにもしなかったので後で判ってからあ〜あれかという感じである。

正しくは、ボーカロイド(VOCALOID)というそうだ。あのヤマハが作ったパソコン用の音楽といおうか音声と映像を合成するソフトやそれに関連するものだそうだ。

特に有名なのが、架空のアニメアイドルの初音ミクとのコラボレーションしたものが有名である。
そう北海道初の架空の全国的な萌と癒しのアイドルとのものである。

だからこのソフトのお蔭でYouTubeでたくさんの初音ミクの画像や動画が公開されている訳だ。あれはこのヤマハのソフトのお蔭だったのか〜といたく感心した次第である。知らなかったよ〜。

パソコンやソフト関係には詳しいと思っていたので、ちょっと恥ずかしい気もする管理人ですね。

今回は、そういう訳で初音ミクに特化したものを探してみた。
いや〜凄い数ほど壁紙や無料スクリーンセーバーが存在しているので迷ってしまうんだけれど以下がお勧めですね。

VOCALOID 壁紙一覧 アニメ萌え壁紙ミュージアム
http://www.a-kabe.com/vocaloid/
あにめ壁紙@ねたろぐ
http://tabo4.blog60.fc2.com/blog-category-28.html

だけどこのコラボレーション作成に係る時間は結構なものだろうな。
一言ご苦労さんと云いたい。

全国の初音ミクファンに変わり有り難うと云いたい。

無料スクリーンセーバー 車

レクサス LFA 画像 スクリーンセーバー

トヨタのレクサス LFA、まさに男のロマンですね。
発売されたその年から、日本人の走り屋ならずとも世界のスポーツカーファンの垂涎の的になりましたね。

これまでの欧州のスポーツカーとは一味も二味も違う新しいスポーツカーの概念を創出したと言えば大げさでしょうかね。2009年予約受付を開始し、世界56か国を対象にたったの500台のみの限定された販売でした。

当時の日本円での販売価格は、何と3,750万円でした。家が買えます。
恐らく、1日に違うオーナードライバーで二回見かける事や、田舎でこの車を見かけることは先ず無いだろうな。

そして、やはりライバルは、日産のスカイラインGTRしかありませんね。

斬新で味のあるデザインという観点からは欧州の往年のスポーツカーには適わないかも知れませんが、高性能高機能で洗練された日本人の美意識を体現した日本車、トヨタのレクサスLFAと日産スカイラインGTR、この両者だけは新しい時代を感じさせますね。

どちらでもいいから一生のうちに一度は乗り回してみたいものですね。
夢に終わりそうかな。

因みに、Lexus LFAの名称についてはトヨタからは明確に発表されていませんね。
故に世間では様々な説が取りざたされていますが、ま〜一つに決めなくてもいいんじゃないかな〜。
LFA1.jpg

by respons.jp
その性能は、3.7秒で100kmに達し、325キロメートルというスピードが出せます。
ま〜普通の人間にはせいぜい200キロメートルが限界でしょうね。それ以上は怖いですよね。

【 レクサス LFA 画像 スクリーンセーバー 】

http://lexus.jp/brand/ssaver/
http://www.lexus.com/index.html?mbox=on&s_tnt=55609:0:0
http://search.toyota.jp/page/

この車を手に入れるには、宝くじかロト6での高額当選を目指すしかないだろうな。
神様にお願いするしかないかな!?

<<前の5件  1 2 3 4 5..  次の5件>>



Powered by Seesaa